More Jobs Better Lives 公益財団法人

留学生
3
実習生
7
活動地域数
8地域

What’s New

ニュース2021.03.23

ホームページをリニューアルしました。

【お知らせ】MJBL公益財団法人のホームページをリニューアル致しました。

ニュース2020.02.14

公益認定のお知らせ

【お知らせ】当財団は、一般的財団から公益財団に変わりましたことをお知らせます。

ニュース2020.01.14

「外国人留学生奨学金給付制度」スタート

【プレスリリース 】「外国人留学生奨学金給付制度」2020年4月よりスタート3名の留学生を対象に卒業まで農業分野の研究を支援。

People

「MJBLを選んだ理由は、
僕と同じミッションを掲げているから。
タンザニアに帰国したら、農業を通して
雇用と機会を生み出したい。」

イサ・アブラハム・カチェンジェ
(留学生 タンザニア出身)

「新しいことを学んだら、
すぐにお母さんに教えてあげたい。
そして、日本から帰ってきたら、
多くの人に苺について学びにきてほしい。
誰もが同じような経験が
できるわけではないので、
無料で教えてもいいと思っています。」

シャハンシラ・ジンバ・ラマ
(実習生 ネパール出身)

Our Stories

ストーリー2021.02.26

隅から隅まで変えて行こう

MJBL農業メンター 先進諸国各国は現在、他国特有の需要や手法に適応できるように専門性や資源を独自の方法で提供しており、その中でも今回はMJBLが始めた「MJBL 技能実習生支援プログラム」という事業をご紹介いたします。…

ストーリー2021.01.05

貧困解決のための雇用

未だ続くコロナウイルスの影響で、失業率が高まりつつあります。厚生労働省によると、日本では11月の時点で7万人もの人が職を失った、または失う可能性が高い状況であるとしています。また、日本だけにとどまらず世界各国・各地域でも…

ストーリー2020.11.02

ネパールでの忙しい毎日

今年はCOVID-19によるロックダウンと渡航制限により、MJBLの技能実習生制度の最初の参加者の日本到着予定が大幅に遅れてしまいました。実習生の参加者は全てネパール人。ネパールでは、およそ41万9000名もの人数がコロ…

ストーリー2020.10.05

起業家の考え方のヒント

MJBLの奨学生であるイサ(Issa)が春休みに帰省した際、東京農業大学を離れて、タンザニアで大学院1年目の春学期と夏学期を過ごすことになるとは思ってもいませんでした。 COVID-19のパンデミックが世界中で猛威を振る…

ストーリー2020.09.07

Covid-19の渦中で学べる事

サラとジャナがマスクを付け、しっかりとヒジャブを纏って茨城県つくば市に到着したのは、湿度の高い雨の午後のことでした。定期バスが走っている以外はキャンパス内には人の気配が無く、セミの鳴き声だけが響き渡ります。 夏休みである…

ストーリー2020.08.10

人道主義者へのシフト

人道主義とはどういう意味かご存知ですか?ケンブリッジディクショナリーには 「人々の生活を改善し、苦しみを減らすことに関わる、または繋がること(人)」 と記述されています。 この世界では、コロナウイルスのパンデミックが発生…

Who We Are

雇用の力で、
世界中の人々に
豊かな暮らしを。

私たちの原点は、ネパール大地震の
復興支援として行った雇用と機会づくり。
人や地域に根付いた活動を、
世界中に広めていくことを目指します。